メインページ
静止:
極軌道:

QuikSCAT

QuikSCAT

オペレータ: NASA

打ち上げ日: 1999年6月19日

軌道のタイプ: 太陽同期、すなわち衛星が常に毎日同一時間に特定のポイントを通過する。

海抜: 800 km

軌道傾斜角: 98,6 赤道面との角度

公転周期: 102分かけて、上昇パスと下降パスを1日あたり14回周回する。 公転周期とは、衛星が地球を1周するのにかかる時間である。

器具: 散乱計

散乱計は、特に海面付近の風速および方向を測定する専用の高周波(13,4ギガヘルツ)マイクロウェーブレーダーである。 風が海上を吹くと、その表面は、センチメートルスケールの表面張力波が生じることで粗くなる。これらが、表面反射信号の特性を変える。

この器具は1,800キロメートル前後の幅をスキャンする。 器具は1日に約400,000の測定値を収集し、地球の表面の90%をカバーする。 解像度は25キロメートルである。

全天候風速計測器は雲によって運転停止になることはない。ただし、測定は、表面張力波を破壊するあらゆる現象に妨げられる: 雨、弱風または強風(20m/s以上)。3m/sから20m/sまでは、風の強度の精度は2m/sであり、方向の精度は20度である。

静止:
極軌道: