メインページ
静止:
極軌道:

気象衛星

静止衛星

気象静止衛星は、EUMETSAT(Meteosat)、米国(GOES)、日本 (MTSAT)、中国(Fengyun-2)、ロシア(GOMS)およびインド(KALPANA)が運用している。これらの衛星は、38,500キロメートルの高度で地球の赤道面の軌道を周回している。この高度で、衛星の速度が地球の自転速度と同じであるため、衛星は赤道の、ある特定のポイントで静止しているように見える。この軌道により、衛星は絶えず同一領域(地表の42%)を観測することが可能となる。全世界をカバーするには、5~6の衛星ネットワークが必要となるが、これらの衛星では両極は全く見えない。

Meteosat
Meteosat
GOES
GOES
MTSAT
MTSAT
風雲2号
風雲2号
GOMS
GOMS
KALPANA
KALPANA

極軌道衛星

極軌道気象衛星は、米国(NOAAQuikSCAT)、ロシア(Meteor)および中国(Fengyun-1)が運用している。これらは、1つの衛星で地球全体をカバーしている。

NOAA
NOAA
QuikSCAT
QuikSCAT
METEOR
METEOR
風雲1号
風雲1号
静止:
極軌道: