メインページ
静止:
極軌道:

NOAA

NOAA

オペレータ: National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)

打ち上げ日: 05/1998 (NOAA 15), 09/2000 (NOAA 16), 06/2002 (NOAA 17), 05/2005 (NOAA 18)

軌道のタイプ: 太陽同期、すなわち衛星が常に毎日同一時間に特定のポイントを通過する。

海抜: 850 km

軌道傾斜角: 98 赤道面との角度

公転周期: 102分かけて、上昇パスと下降パスを1日あたり14回周回する。 公転周期とは、衛星が地球を1周するのにかかる時間である。 2つの衛星は逆相位である; 同一区域を1日少なくとも4回、約6時間間隔で通過する。

器具: AVHRR

AVHRR(改良型高分解能放射計)は高解像度を実現できる放射計である。

この器具は3,000キロメートル前後の幅をスキャンする。 (衛星の縦方向に1,1キロメートル)

AVHRR/3
チャンネル 波長 (µm) 主な用途
1 0.58 - 0.68 昼間の雲および表面の地図
2 0.725 - 1.00 陸水の境界
3A 1.58 - 1.64 雪および氷の検出
3B 3.55 - 3.93 夜間の雲の地図、海面温度
4 10.30 - 11.30 夜間の雲の地図、海面温度
5 11.50 - 12.50 海面温度
静止:
極軌道: