メインページ
静止:
極軌道:

GOES

衛星の範囲
GOES-E: 75°W

オペレータ: National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)

打ち上げ日: 04/1997 (GOES-W), 07/2001 (GOES-E)

軌道のタイプ: 静止

器具: 放射計

GOESイメージャは5チャンネル装置である: 可視チャンネルは0.55~0.75µm、赤外チャンネルは3.8~4.0µm、10.2~11.2µm、11.5~12.5µmであり、水蒸気チャンネルは6.5~7.0µmである。 可視チャンネルの解像度は1キロメートルである。赤外チャンネルの解像度は4キロメートル、水蒸気チャンネルの解像度は8キロメートルである。

衛星の範囲
GOES-W: 135°W
GOES

放射計は、ラインごとに地球の表面をスキャンする; 各ラインは一連の個々の画像要素かピクセルから成っている。各ピクセルに対し、放射計は異なったスペクトル帯域の放射型エネルギーを測定する。この測定値は、デジタル式にコード化され、ユーザーへ発信する前の事前処理のため、地上局に送信される。 当データは、国立環境衛星および情報サービスより配信されている。 (NESDIS)

GOES衛星は30分ごとに地球観測情報を提供する。米国の画像は15分ごとに取られる。 NOAA警報プログラムをサポートするため、より頻繁に(例えば、5分ごとや1分ごとに)陸域をスキャンすることが可能である。

静止:
極軌道: